このたびタリタクム日本は、11月4日(土)14時より16時まで、秋のオンラインセミナーを英語の同時通訳付きで開催します。

タイトルは、「難民を歓迎できる社会に~アルぺなんみんセンターの取り組みから」です。

有川憲治氏(NPO法人アルペなんみんセンター事務局長)を講師としてお迎えします。

世界の難民は1億1000万人(UNHCR、2023年6月)。日本にも毎年1万人を超える人々が庇護を求めて来日しますが、認定されるのはわずかです。難民認定申請手続きには数年かかり、日本政府からの支援は限定的です。

今回のセミナーでは、2020年4月から、鎌倉市のイエズス会・日本殉教者修道院を活動拠点としてシェルター保護などの難民支援に取り組んでいるアルペなんみんセンターの活動を通して、日本の難民の置かれている状況を知り、カトリック教会として今後どのように関わっていくか一緒に考えたいと思います。皆さまのご参加をお待ちしています。

事前の申し込みが必要ですので、こちらからお申込みください。

タリタクム日本運営委員長 Sr. 弘田しずえ

 プログラム

開会の挨拶と祈り:  山野内倫昭司教(難民移住移動者委員会(J-CaRM)委員長)

講演と質疑応答:   「難民を歓迎できる社会に~アルぺ難民センターの取り組みから」

             有川憲治(NPO法人アルぺなんみんセンター事務局長)

閉会の挨拶と祈り:   シスター弘田しずえ(タリタクム運営委員長)

We will hold Talitha Kum Japan Online Seminar on Nov 4 (Sat) from 14:00PM to 16:00PM.
Its theme is “Toward a Society that Welcomes Refugees – From the Efforts of Arrupe Refugee Center”.
Japanese/English interpretation available
There are 110 million refugees in the world (UNHCR, June 2023). More than 10,000 people come to Japan each year seeking asylum, but only few are granted refugee status. The application process for refugee status takes several years, and support from the Japanese government is limited.

In this seminar, we would like to learn about the situation of refugees in Japan through the activities of Arrupe Refugee Center, which has been supporting refugees since April 2020 by using the S.J. Martyrs of Japan Monastery in Kamakura as shelter and base of its activities. Learning from what they are doing and the condition of refugees, let’s think together how the Catholic Church could be involved effectively in the future. We are looking forward to your participation. Please join us!

Please register beforehand from this link.  Zoom link will be sent later.

Chairperson of Talitha Kum Japan:  Sr. Filo Shizue Hirota

Follow me!