日本カトリック難民移住移動者委員会(J-CaRM)は福音に基づいて、多民族・多文化・多国籍共生の社会をめざしています。

世界難民移住移動者の日とは?

世界難民移住移動者の日とは? 9月最終日曜日

2018年ポスター

「世界難民移住移動者の日」は、9月最終日曜日です。1970年、時の聖パウロ6世教皇が、教皇庁移住・観光者司牧委員会(後に移住・移動者評議会となり、現在は総合人間開発省に統合)を設立したことを受け、「各小教区とカトリック施設が、国籍を超えた神の国を求めて、真の信仰共同体を築き、全世界の人々と『共に生きる』決意を新たにする日」として設立されました。

「世界難民移住移動者の日」では、おもに滞日・在日外国人、海外からの移住労働者、定住・条約難民、外国人船員や国際交通機関 の乗組員とその家族のために「祈り・司牧的協力・献金」がささげられ、それらは日本カトリック難民移住移動者委員会を通じて、教区での活動、全国での活動ともに、幅広く支援に役立てられています。

世界難民移住移動者の日 教皇メッセージ、委員会メッセージ

これまでの教皇メッセージ、委員会メッセージは、こちらをご覧ください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »